HPE

Scalityでインテリジェントなデータレイク基盤を実現

HPE_Cover_Bis

Hewlett Packard Enterprise、Scalityでインテリジェントなデータレイク基盤を実現

HPEカスタマーサポートチームがサポートチケットの解決と予測分析を加速化

Hewlett Packard Enterprise(HPE)では、カスタマーサポートの応答時間を短縮し、カスタマーサポートの品質向上を行いたいと考えていました。HPEのサポートチームは、技術的な問題をトラブルシューティングするために、世界中の顧客のサイトに設置された何万台ものHPEストレージシステムから収集したペタバイト規模のデータにアクセスしています。

課題

ペタバイト規模のデータを管理を行うにあたり従来のファイルベースのストレージシステムでは対応ができなくなっていました。ある問題を解決するためのデータを特定するために、カスタマーサポートの担当者は膨大な量の情報を収集しなければなりませんでした。これにより、レスポンスタイムを高い水準に保つことができなくなっていました。

  • “With the HPE Apollo and Scality RING solution, we are not only realizing time savings for customer support, but also discovering new opportunities to innovate.”

    Ahmad Kassak, director of engineering, HPE

成果

Scalityは、インテリジェント・データ・レイクの基盤としてオブジェクトストレージであるScality RINGで、HPEのカスタマーサポートの変革を支援しました。このソリューションは、HPE Apollo 4000システムとExtended Data Management (XDM)を備えたScality RING上に構築されており、システム故障の分析と解決を加速し、顧客満足度を向上させています。

Scality RINGのS3互換性は、エンジニアリングチームにクラウドのような柔軟で即時性のある基盤を提供しています。高度でインテリジェントなツールセットは、メタデータにキーワードやフレーズを追加することで、取り込まれたテレメトリデータをより価値のあるものに強化します。これにより、カスタマーサポートのアナリストは、必要なデータにワンクリックでアクセスすることができます。

その結果、カスタマー・サポート・エンジニアが2秒以内にデータを照会できる新しいインテリジェント・データ・レイク基盤が誕生しました。今では次のような恩恵を受けることができています。

  • 何十億ものファイルに対するクエリの応答時間を最大1,000分の1に短縮
  • データ取り込み量が52%増加(1日あたり4〜5TB)
  • 予測分析により、顧客がHPEと最初のコンタクトを開始する前に問題の特定が可能
  • 複雑なクエリが不要となり、ワンクリックで簡単にデータセットにアクセスが可能

 

  • “This solution is revolutionizing our users’ ability to do their jobs with speed and ease.”

    Dan Kortenhoeven, senior systems engineer, HPE