biglobe

BIGLOBE

日本のIT企業がScalityで低コスト・高密度のスケーラブルなストレージ環境を構築

Scalityは、3億人以上のブロードバンド顧客のデータ要件をコスト効率よくサポートします。

BIGLOBEは、ISP、ブロードバンドメディア、プラットフォームサービスの3つの事業を柱に、信頼性の高い価値あるインターネットサービスを個人や法人のお客様に提供していることで知られています。

運営会社はNEC BIGLOBE株式会社で、BIGLOBEは2006年にNECからスピンオフした会社です。 2017年にKDDIが800億円で買収しました。

課題

BIGLOBEのメールストレージシステムは、3億人以上のブロードバンドユーザーをサポートしており、データ要件は指数関数的に増加しています。

同社は、拡大し続けるお客様のデータ要件をサポートしつつ、ストレージの総コストを大幅に削減できる、より堅牢で無限に拡張可能なソリューションへの移行を検討していました。 BIGLOBEは、新しいメールストレージ環境として、HPE ProLiant SL4500 Scalable Systemソリューションへの移行を選択しました。

“メールインフラについては、事業開始当初から、データ容量の増加に伴うコスト増を抑えるために試行錯誤を繰り返してきました。
現在では、500TB以上のデータ容量が必要とされる傾向にあります。 このようなニーズの高まりの背景には、メールユーザーの考え方の変化があると考えています。 以前のユーザーは読んだメールを削除していましたが、今はアーカイブしています。”

Ryuichi Ishige

Manager of Cloud Services, BIGLOBE

のメールサービスインフラのコストを削減するために、いくつかの変更が行われました。 まず、オリジナルのDNAセットアップをNASに移行することで、50%のコスト削減を実現しました。 また、仮想化されたサーバー環境への移行により、コストは元のシステムの約1/10にまで削減されました。

プロジェクトチームは、増大するデータ需要に対応する一方で、ストレージのコストをさらに下げることを目指しました。 このジレンマを解決するために、オブジェクト・ストレージの提案が石毛氏らの興味を引き、最終的にはScality RINGが理想的なソリューションとして採用されました。

成果

BIGLOBEは、大規模なストレージ環境を必要とする多くのデータセンター事業者、通信事業者、サービスプロバイダーに導入されている実績のあるソフトウェア・デファインド・ソリューションであることを評価しました。

Linux OS上で動作するScality RINGは、x86サーバークラスタ上で動作するリング状の構造により、データを効率的に分散させ、低いTCOで大きな柔軟性を提供します

“Scality RING は、わずか6台のサーバで導入が可能であり、サーバを追加するだけでストレージ容量を拡張することができます。 ストレージを拡張しながらも、RAID管理をしなくてもダウンタイムは発生しませんでした。 データ保護の観点では、オブジェクトを様々な異なるノードに複数回複製できるため、データ保持の安全性が非常に高いです”

Yohei Yamamoto

NEC Solution Innovators, Ltd

NECソリューションイノベータ株式会社は、本プロジェクトを含む様々なシステムにおいて、BIGLOBEの開発・運用を10年以上にわたってサポートしているパートナー企業です。
CASE STUDY

Biglobe Case Study

Privacy Policy Cookie Policy